上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不似合いな 紅いルージュを こすりつけ 貴方の首に 所有印
スポンサーサイト
実家から 届く荷物の 片隅に 忍ばせてある 母のへそくり
寒空の マラソン走り 湯気がでる 冷たい風が 心地よいとき
杖なしで この山道は のぼれない 君がいて やっと足すすめる
年期入り タオルケットを供にして ボロ布と逝く 夢の旅路を
「嫌い」だと 思うほどに 黒くなる 「好き」の言葉で 消毒して
形の基礎 忘れるなかれと 叩き込む 鬼の師範 今はツノ折れ
手つなぎ あられ降る道 歩いてる 互いの温もり 感じる夜道
たどり着く 岸の先には また川が 早くおいでと 友の手招き
高校の 得意科目が よくわかる 落書きのある 問題用紙で
雲低く のしかかってる ビルの上 今朝はあんなに 晴れていたのに
君が追う サッカーボールに 嫉妬する 蹴られるのは 勘弁だけど
給食で 残したパンを 鳩にやる 私は嫌い 鳩美味し
「豆腐嫌い」 我儘言った 食卓も 今は恋し 母の料理
「帰るよ」と 伝え集まる 旧友に 感謝し 飲む酒は楽し
触ってよ 僕の頭を なでなでと 君がお家に 帰った時は
「大事や思ってる」 貴方の中の私が大切 1%(パーセント)
星の海 渡る舟に 櫂もなく 辿り着けない アジアの片隅
無意識に 貴方へ紡ぐ 言葉達 言葉少なな この泉から
優しいね そう言われても嬉しくないよ 欲しいのは好きの一言
黒ダイヤ 飾ったような つぶらな目 懐かなくても 愛しい君よ
今日は除夜 家で家族揃って蕎麦を食う 来年もよろしく
蝶の羽みたいだと君は言う ステンドグラス 空に透かして
目を逸らし 向き合ったのは 躯だけ 黙っているの 会話もなくて
守れない 約束ならば してくれるな アンタの言葉が アタシを縛る
壁こえて 殴って蹴って 壊しても 縮まらない 夢との距離が
愛してる 戯言と知り 返事する 演じてるんでしょ このドラマ
さよならと 心の中で 呟いて 今日を限りに 放してあげる
乾いてく 涙の跡を 舐める舌 塩味がいいと 小さく笑う
「教えてよ」 胸倉掴んで 引き寄せる 私じゃなかった 理由を教えて
Copyright ©*After-Image* All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。